LEISURE

秋の人気レジャー!家族でキノコ狩り&観光にでかけよう

2018.10.05

ファミリーに大人気!関東でおすすめのキノコ狩り&お子様向けスポット

様々な食材が美味しくなる実りの秋を迎えました。山の幸や果物など辺りを見回せば美味しいものばかりですが、その中でも「キノコ狩り」はファミリーに人気のレジャーです。
そこで今回は関東でおすすめのキノコ狩りスポットと、お子様にとっても嬉しいスポットをご紹介していきます。

東京都青梅市「内沼きのこ園」&「花木園」

東京都青梅市にある「内沼きのこ園」は、原木で栽培されたキノコを満喫できるスポットです。キノコ狩りの料金は大人200円子ども100円、キノコの持ち帰りは100gあたり300円となっています。
定番のしいたけのほか、マイタケやなめこなど様々なキノコを栽培、さらに収穫したキノコは園内にあるバーベキューコーナーで食べることもできます。とれたてのキノコを森のなかで食べられるのはとても素敵ですよね。このタイプのきのこ園は関東では珍しいといえるでしょう。
内沼きのこ園 公式サイトhttp://u-kinoko.jp/

内沼きのこ園から車で約10分の距離には、入場無料で滑り台やアスレチックなどが楽しめる「花木園」という公園があります。内沼きのこ園同様、緑に囲まれながら楽しむことができるスポットとなっています。

埼玉県秩父郡「小松沢レジャー農園」&「小さな洋菓子店Spoon」

埼玉県秩父郡にある「小松沢レジャー農園」は、しいたけ狩りのほか、いちご狩り・ブドウ狩り、マス釣りやカブトムシ採取、ビザ焼き体験なども楽しめる一大レジャー施設です。秩父の自然に育まれるしいたけは、年中いつでも収穫可能で、200gあたり500円、300gあたり700円で持ち帰ることもできます。

1度行くだけで大人もお子様も一緒になって楽しめる体験が盛りだくさん。秩父の自然のなかで自然を満喫しましょう。
小松沢レジャー農園 公式サイトhttp://www.komatsuzawa.co.jp/index.html

たくさん遊んだ後は秩父の絶品スイーツはいかがでしょうか?小松沢レジャー農園から車で約10分、秩父駅すぐのところにある「小さな洋菓子店Spoon」では、美味しいケーキやプリンなどが販売されています。お子様にはミルクレープが人気のようです。
名前の通り小さなお店ではありますが、洋菓子の美味しさに加え北欧風の外観もとても人気となっています。

神奈川県相模原市「藤野園芸ランド」&「オギノパン 本社工場」

藤野園芸ランドは地元農家が連携して運営しており、リーズナブルにしいたけ狩りを楽しむことができるスポットです。
しいたけ狩りの料金は持ち帰り100gあたり200円となっています。
集まっている農家は15戸にものぼり、しいたけ狩りをはじめ、栗拾いにさつまいも掘りなども体験可能となっています。農家のおじいさんやおばあさんとふれあいながらの体験は、お子様にとって貴重な経験となるに違いありません。
藤野観光協会公式サイト
藤野園芸ランド紹介ページhttp://info-fujino.com/citizens/290.html

藤野園芸ランドから車で約30分のところには、「オギノパン 本社工場」があります。こちらではパンの製造工程を見学することが可能です。日頃食べているパンがどうやってできるかを見て学んだ後は、直売店でできたてのパンを購入するのもおすすめです。しいたけ狩りに続き、お子様にとっては驚きの連続になることと思います。お腹を満たしながらゆっくりと帰路につくのも良いのではないでしょうか。
オギノパン公式サイト 工場紹介ページhttp://www.ogino-pan.com/factory-introduction/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部