LEISURE

メダルラッシュなるか!?平昌五輪で活躍が期待される日本選手たち

le183_001

2018.02.09

本日開幕!平昌オリンピックのみどころ

北朝鮮の情勢不安や安全確保の問題、ロシア選手団の国としての出場資格停止処分などもあり、開催が危ぶまれていた平昌オリンピックが、本日開幕し、2月25日までの17日間、7競技102種目が行われます。
日本は過去最多のメダル獲得が予想されており、注目を集めています。そんな平昌オリンピックのみどころをご紹介します。

羽生結弦選手、完全復活なるか!?

前回のソチ五輪で金メダルを獲得した羽生結弦選手。ソチ五輪では史上2番目の若さで優勝しており、平昌五輪で連覇を果たせば、フィギュア男子選手としては実に66年ぶりの快挙となります。

しかし、羽生選手はNHK杯の前日に右足関節外側靱帯を損傷し、「全日本フィギュアスケート選手権2017」を欠場しました。一度はオリンピック出場も危ぶまれましたが、平昌オリンピックが負傷からの復帰戦となります。怪我の影響を心配する声もありますが、きっと力強く美しい姿を見せてくれることでしょう。羽生選手の演技と世界のトップスケーター達との熾烈な闘いは見逃せません。

メダル獲得が期待される、フィギュアスケート

羽生結弦選手とともに平昌オリンピックに出場するのは、宇野昌磨選手と田中刑事選手です。宇野選手も全試合の平均得点は世界でもトップクラス。1月に台湾で行われた五輪前哨戦となる四大陸選手権では、宇野選手は2位、田中選手は4位となりました。平昌でも完成度の高さを見せつけた中国のボーヤン・ジンが日本勢の大きな壁になってきそうです。

一方、女子は宮原知子選手と坂本花織選手が出場します。四大陸選手権では坂本選手が優勝し、自己ベストを更新しました。一方、「ミス・パーフェクト」と言われるほど完璧な演技が定評の宮原選手は、フリーでまさかの転倒により3位に。回転不足など課題は残されたものの、平昌での活躍に期待したいところです。

開幕初日から団体戦が行われるフィギュアスケート。日本選手たちの活躍が楽しみです。

フィギュアだけじゃない!メダル獲得が期待される選手たち

フィギュアスケート以外にも、メダル獲得が期待されている種目があります。

女子スピードスケートでは、小平奈緒選手と高木美帆選手の2人がワンツーを争う可能性も高く、注目を集めています。

女子スキージャンプで注目したいのは、高梨沙羅選手と伊藤有希選手です。W杯では海外勢に圧倒されたところもありましたが、平昌では金メダル獲得に向けて巻き返しを図ります。

スノーボード男子ハーフパイプの平野歩夢選手も金メダル候補の一人です。前回のソチ五輪では中学二年にして、銀メダルを獲得しており、平昌で目指すのは勿論金メダル。平野選手の活躍も見逃せません。
熱気と興奮が渦巻く17日間。メダル獲得に向けて激突する選手たちの熾烈な争いが日本中を沸かす一方で、選手たちには悲喜交々の物語が生まれるでしょう。全ての選手が怪我などせず、全力を出し切れるよう応援しましょう!

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部