LEISURE

オーロラと大自然の中で日常を忘れるひとときを

【今月の絶景】アメリカ・アラスカ

2017.12.01

【今月の絶景】アメリカ・アラスカ

今月の当サイトの背景画像はアラスカです。アラスカはアメリカ合衆国の最北に位置しているため、一年を通して冬のように寒い地域というような印象をお持ちの方も多いでしょう。しかし、夏は最高気温の平均が20℃を超える地域もあります。

そんなアラスカの夏は、太陽がほとんど沈まない「白夜」の季節。アウトドアが好きな人にとっては、自然に親しみ、動物たちが活動する姿を思う存分楽しむことができる期間ともいえるでしょう。そうしたアクティビティにおすすめのスポットが、デナリ国立公園。アラスカの国立公園は広大で、デナリは4番目の広さですが、それでも日本の四国と同じぐらいの大きさというから驚きです。自然を損なわないよう管理が徹底されており、敷地内に入れる車は公園が運営しているシャトルバスやツアーバスなどに限られています。公園の中はバスで周ったり、ハイキングをしたりすることができ、バスツアーではグリズリーやカリブーに遭遇する機会もあるということです。

また、アラスカと言えば、オーロラが見られることでも有名。特に、州の中央に位置するフェアバンクスは、1年で平均約250日オーロラ現象が起きると言われています。ベストシーズンは11月〜3月。気候条件によって赤、青、白など色とりどりの光を発し、形もカーテンのようだったり、渦巻き状になったりと、さまざまな表情を見せてくれます。時間は夜9時から深夜2時ごろが鑑賞のチャンス。見る場所としては専用ロッジがありますが、温泉につかりながら神秘的な空の様子を楽しむこともできるそうです。

フェアバンクスから車で約1時間半のところにあるチナ温泉は代表的なスポット。ゴールドラッシュの時代に発見された天然温泉で、周りに人家や店舗がほとんどない、まさに大自然の中のリゾート地です。露天風呂もあるので、タイミングや条件がそろえば、温まりながら頭上に輝くオーロラを見るという、夢のような時間を過ごせるでしょう。

なお、日本からアラスカまでは、通常、乗り継ぎが必要ですが、日程限定で直行便も就航。オーロラや手つかずの大自然など、日本では出会えない風景があなたを待っています。

■ アラスカ州観光局
http://www.travelalaska.jp/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部