FINANCE

若手勤務医が理想のキャリアと経済的自由を獲得する方法

2019.01.27

勤務医におすすめの書籍3選

現在勤務医として働かれている皆様は、ご自身の将来についてどのような展望をお持ちでしょうか。このまま勤務医として仕事をしていくのか、あるいは独立するべきか。独立するのであればいつどのようにするべきかなどといったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はこのような勤務医として働かれている皆様におすすめの書籍を3冊ご紹介します。いずれも若手勤務医のキャリアパスについて書かれたものですので、ぜひ参考にしてみてください。

①「若手医師のためのキャリアパス論―あなたの医師人生を10倍輝かせる方法」

題名のとおり、若手医師のキャリアパスについて、具体的にどのようなことに励むべきか、医師である著者の経験をもとに書かれた書籍となっています。この書籍では特に、医師が「成功」を掴み取るためには、論文発表、留学、臨床経験が豊富であることが非常に重要であると説いています。

医師であれば論文発表や海外への留学がある方は多くいらっしゃいますが、それらを経験することがなぜ業界で「自己実現」を目指す際に必要となるのか、丁寧に説明がされています。また、充実した臨床経験が医師キャリアについての説得力を生み出すなど、皆様が勤務医として職場内で信頼を勝ち取るための術を豊富な事例をもとに紹介しています。

内容としては勤務医向けの本となっていますが、医師として勤務し始める前に具体的なキャリアパスを描く上でも参考となる内容となっており、医学生が読む本としても適しています。

②「クリニック開業を思い立ったら最初に読む本」

こちらは、開業したいと思った時にお勧めしたい一冊です。

本書は税理士・建築士・行政書士の専門家集団によって書かれており、はじめに、開業を夢見る医師が、一部の悪徳「開業コンサルタント」の口車にのせられ、過剰な投資をさせられてしまうといった悲惨な現状を紹介し、医師が不勉強なまま開業に身を乗り出すことに警鐘を鳴らしています。

そのうえで、医師が開業に当たって必要な知識を①事業計画のたてかた、②設計・建築、③診療科目ごとの必要な設備、④開業手続きの進め方の4つに分けてそれぞれ紹介しています。

医師は経済的に裕福であるという世間的なイメージから、投資やビジネスなどのシーンにおいてカモにされがちです。特に本書の事業手続きの進め方は、法律関係に関しての詳細な記述もなされており、法律関係に疎い場合が多い若手医師の開業をサポートしてくれる内容となっています。「夢」や「自己実現」といった耳障りの良い言葉で誘ってくる悪徳な業者に騙されないためにも、本書で開業にあたっての基礎的な知識を身に着けておきましょう。

③「医師の経済的自由-豊かな人生と理想の医療を両立できる第3のキャリアパス」

医師と言えば所得が高いというイメージが世間では広がっていますが、実際には、医師の責任や拘束時間、精神的ストレスに比べて適切な給料を貰っていると感じる医師は少ないのではないでしょうか。そんな経済面での勤務医の不満を解消してくれるヒントを与えてくれる一冊です。

本書の特徴は、医師が経済的自由を獲得するための具体的戦略として、「開業」ではなく、「投資」をすすめているところです。多くの本では経済的自立のために開業をすることをすすめますが、この本はあくまで勤務医としての安定的な雇用を維持しつつ、自らの資産をいかに増やしてゆくかという点に焦点を当てています。

本書では、世間一般の職業に比べて所得が高いことが多い反面、貯金や資産管理についてのマネーリテラシーが低い傾向の強い医師が、散在する傾向にあることを指摘しています。そのうえで、高所得ではあるものの多忙な医師は、自らの資金管理を徹底するとともに、余った資金を不動産投資に充てることをすすめています。

投資は所得や自己資金が多ければ多いほど新たな資金獲得に有利にはたらくため、医師は一般の労働者に比べて優位な立ち位置にいるということは間違いありません。上述のとおり、医師はマネーリテラシーに疎い方も多いようですが、自らの潤沢な資金を上手に活用すれば、非常に大きなリターンが安定的に得られるようになります。

本書の紹介する不動産投資はいわゆる「スモールビジネス」と言われるようなローリスクの投資手法であるため、多忙な中でも少しずつ資産を増やしていきたいと考える勤務医の方に向いているのです。

まとめ

若手勤務医にとって、将来のキャリア選択や経済的自由の獲得は悩みの種です。今回紹介した3冊は、どれもこのような悩みを抱える勤務医の皆様に有益な情報を提供してくれるものとなっています。

医療現場を取り巻く環境は、決して明るいものだけではありません。勤務医は雇用の安定と引き換えに、命の責任や人間関係などの様々なリスクにさらされます。そのような困難な環境の中で自己実現を目指す皆様に、今回ご紹介した本が役に立てば幸いです。

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部