LEISURE

内装・外装にもこだわった列車で優雅なひと時を

le095_001

2016.05.27

一流シェフの味を堪能できる観光列車

4月から運行が始まった、西武鉄道の「西武 旅するレストラン 『52席の至福』」。車窓の景色を楽しみながら豪華料理が楽しめるというコンセプトの西武新宿・池袋から埼玉の西武秩父駅を行く観光列車が、今、注目を集めています。

「52席の至福」というその名の通り、座席は52席。車両は4両編成で、うち2両が客室車両、さらにイベントなどにも活用できる多目的車両、そして、オープンキッチンやバーカウンターのあるキッチン車両もついています。

外装と内装を手掛けたのは、新国立競技場の設計者・隈研吾氏。外装は秩父の四季を表現、内装のインテリアには沿線の伝統工芸や地産木材なども使用し、落ち着いた雰囲気となっています。また、客室の2号車の天井には柿渋和紙、4号車のほうは埼玉の優良木材・西川材を使った独特のデザインとなっており、中に入った瞬間に思わず感動することでしょう。

そして食事は季節替わりで提供。4月から6月は「つきぢ田村」三代目・田村隆氏の総合監修のもと、埼玉の食材を中心に、和洋中のシェフが腕をふるいます。コースはブランチコースディナーコースがあり、午前中に出発する電車はブランチコースで旅行代金1万円、夕方出発のディナーコースは15,000円(いずれも税込)。スープから前妻、メイン、デザートとコース仕立てで、彩にもこだわって作られた料理は、まさに垂涎ものです。

なお、ブランチコースにおいては、途中の芦ヶ久保駅30分停車するため、電車を降りて駅前を散策することもできます。

ブランチコースは3時間、ディナーコースは2時間半と優雅なひと時を楽しめる「52席の至福」。とても魅力的な反面予約が取りづらく、5月に始まった7月から9月までの運行分は今のところ満席(5/19現在)。これから利用をお考えの方は、秋の紅葉に染まった風景を楽しみながら乗れる、秋のプランを立てられることをお勧めします。

■「西武 旅するレストラン 『52席の至福』」
http://www.seibu-group.co.jp/railways/seibu52-shifuku/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部