LEISURE

関西エリア初の「エクスペリエンスバー」で贅沢なひと時を

スターバックス エクスペリエンスバー

2016.11.25

スターバックスコーヒーの更なる楽しみ方

京都のオフィス街にある「スターバックスコーヒー 京都三条烏丸ビル店」。こちらのお店には、関西エリアでは初の「エクスペリエンスバー」があります。

「エクスペリエンスバー」とは、豆を挽き、抽出する様子を見ることができる、11席限定のカウンター席のこと。お店の中でも特別なこの一角にいるスタッフが、スターバックス全店のスタッフの中で8パーセントしかいないという、「ブラックエプロン」を身に着けたコーヒーのスペシャリスト、バリスタです。

バリスタたちは、コーヒーに関する豊富な専門知識を持っており、お客様の希望に合うコーヒー豆をオススメしてくれたり、オーダーされたコーヒーと相性の良いフードの提案をしてくれたりします。「コーヒーは好きだけど豆には詳しくない」という方でも、自分の好みを伝えるだけで、スタッフが選んでくれるので安心です。淹れる前に豆の匂いをかぎながら説明を受けることもできるので、選ぶ段階からコーヒーを楽しめます。

また、コーヒー豆はほかのスターバックスにある定番の物だけでなく、「スターバックス リザーブ(R)」という質が高く、希少なものも用意されています。コーヒー本来の味わいが楽しめるよう、注文を受けてから1杯ずつ抽出。「コーヒープレス」「ハンドドリップ」に加えて、革新的なバキュームプレス方式のマシン「クローバー」、まるで理科の実験のような見た目で、気圧を利用する仕組みの「サイフォン」と、4つの抽出方法でそれぞれ異なる味わいを堪能できるうえに、スペシャリストとの会話を楽しみながら、自分のためだけに淹れてもらったコーヒーを飲むという、贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。

なお、「スターバックス リザーブ(R)」にはオリジナルギフトボックスもあるので、スタッフや友人へのプレゼントにもオススメです。

なお、お店ではイベントも行っており、リザーブのコーヒーがテイスティングできるスペシャルセミナーもあります。寒くなるこれからの時期、おいしいコーヒーでホッと一息つけませんか?

■ スターバックスコーヒー 京都三条烏丸ビル店
starbucks.co.jp

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部