LEISURE

旅慣れた人のための新しい旅行のカタチ

le104_001

2016.07.29

海外で暮らしているように旅をする

海外旅行には何度も行ったけれど、団体旅行だと自由がきかないし、個人で行っても朝食やルームキーピングの時間が決まっていて、どこかに出かけざるを得ない雰囲気に…。最初のうちは行きたいところも見たいところもあり、あまり気にならない方もいらっしゃるかと思いますが、旅慣れた人には煩わしさを感じる場面もあるかと思います。

誰にも気兼ねせずにホテルでゆっくり過ごしたり、時には地元のスーパーやデパートで売っている食料品を料理して食べたりしてみたい、という理想をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうしたとき、ホテルではなく、地元の人の家で過ごすという方法があるのをご存知でしょうか。アメリカに本社を置く会社「Airbnb」では、世界各地の旅行者と旅行中の部屋をレンタルしてくれるホストをつなぐサービスを行っています。Airbnbのサイトには、世界190か国、34000以上の都市の部屋が登録されているので、たいていの街なら希望に合ったところが見つけられるでしょう。

予約は簡単。まず行きたい場所と滞在期間、宿泊人数を入れ、さらに部屋のタイプを選びます。タイプは、家1軒まるごと借りる「まるまる貸切」、部屋は個室でそのほかは共有スペースのある「個室」、部屋が共有か相部屋の「シェアリング」の3種類に分かれています。それらを入力すると、1泊の料金など詳しい情報が出てくるので、ここから旅の予定や宿泊のルールなど、自分たちの条件に合った部屋を見つけて予約する仕組みです。「まるまる貸切」なら、海外にいながらにして自宅のような気分でのんびりできそうですね。

ちなみに、事前のホストへの連絡や、ホストへの宿泊代金の支払いはAirbnbを経由するため、その点は安心。さらにコップを割った、家具を破損したなど、思いがけないトラブルがあった時にもAirbnbの「ホスト保証」でカバーできます(例外あり)。

また、ホストや同じようにAirbnbを使って近くに泊まっている人たちと会える「ミートアップ」というイベントもあり、ホストから地元の話を聞いたり、別の旅行者との情報交換をしたりということもできます。

Airbnbを使えば、さまざまな国に自宅があるような気分を味わえるかもしれません。普通の旅に飽きた方には、ちょっとした「冒険」を楽しめる刺激的な旅になるでしょう。

■ Airbnb
https://www.airbnb.jp/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部