MANAGEMENT

  • 提供する商品やサービスを知り尽くすことが顧客満足の第一歩となる

    2018.09.12

    デル社の創業者に学ぶ、顧客価値を重視した経営戦略

    「顧客価値」の重視ということが経営戦略論でよく言われています。 顧客が本当に求めるものは何か、どんな商品・サービスや価格を求めているのか、ということを明確にして販売戦略を練ることが大切だという考え方……

    続きを読む

  • 法律に則りながらも医院の実情に合った働き方をしもらうために有効な2つの施策とは!?

    2018.09.05

    院長のための労働法解説 Vol.2

    第1回では、医院のスタッフが保証されている休日や休暇、残業に対する規制について解説しました。これまで考えていた以上に規制が厳しかったのではないでしょうか? また「法律はわかったけれど、現実にはこれらの……

    続きを読む

  • 医院スタッフといえども労働者!「患者様のために」は通用しない!

    2018.08.29

    院長のための労働法解説 Vol.1

    医師や看護師を始めとする医院スタッフは有資格者であることも多く、替えの利かない極めて専門性の高い職業です。診療科によってはいつ生じるかわからない患者の容態の急変に対応しなければならず、以前は医院スタ……

    続きを読む

  • どんな感情を求めているかを明確にすれば、すべてが変わる!~人生に最も求めているものをマネジメントするということ~

    2018.08.22

    ジェームス・スキナーに学ぶ時間管理術

    何かを成し遂げる際にリソース(資源)は必要不可欠です。それは医院経営においても例外ではなく、ヒト、モノ、カネといったリソースをどう有効活用するかが、アウトプットに大きな差を生み出します。しかし、物質……

    続きを読む

  • 「一休さん」になるという選択肢

    2018.08.15

    一休さんとアインシュタインに学ぶ経営論

    過去に大ヒットしたアニメ「一休さん」のモデルになった一休宗純(いっきゅうそうじゅん)は、外面ばかりを飾った当時の風潮を風刺し、木刀を鞘に納めて歩いたそうです。鞘を抜けば木刀だとわかってしまうのに、鞘……

    続きを読む

  • 「従業員は家族である!」という信念が生みだした信頼関係

    2018.08.08

    出光佐三に学ぶ経営論

    映画や小説で有名な出光佐三氏は、出光興産の創業者として有名で、戦前と戦後の混乱と動乱の中を逞しく生き抜き、出光興産を、日本を代表する企業に育て上げた人物で、その経営手法にから学べることは少なくありま……

    続きを読む

  • 競争を優位に進めるために適切な戦略を選択する

    2018.08.01

    マイケル・ポーターに学ぶ競争戦略

    アメリカの経営学者「マイケル・ポーター」は、ファイブフォース分析やバリュー・チェーン分析など、現在の経営戦略の主要な考え方を提唱し、著書である「競争の戦略」は、経営戦略の古典として今でも読み継がれて……

    続きを読む

  • 強いリーダーシップを発揮するための3つの法則

    2018.07.25

    西郷隆盛から学ぶ組織運営論

    国のために人生をささげ、幕末から明治初期の時代を駆け抜けた西郷隆盛氏は多くの人々から愛されたことでも有名で、今でも高い人気を誇っています。こうした人望があったからこそ、西郷氏はたぐいまれなリーダーシ……

    続きを読む

  • 高い理想と現実的な方法、間違いを論理的に指摘

    2018.07.18

    石橋湛山に学ぶ経営論

    1945年に終戦を迎え、戦後復興期の日本に石橋湛山(たんざん)という首相がいたことをご存知でしょうか?現代史に詳しい方でも、詳しく彼について知る人は少なく、世間一般にもあまり知られていない首相の1人です……

    続きを読む

  • 一切の期待を手放し、やるべきことに向き合う姿勢がもたらすこと

    2018.07.11

    オプラ・ウィンフリーに学ぶ経営論~悪循環を抜け出すための「3つのやるべきこと」~

    経営はいつも順調であるとは限りません。窮地に追い込まれたとき、どのような行動をとるのかが、今後の人生を大きく変えることになります。しかし、このようなときに「やるべきことに向き合える人」は、どのくらい……

    続きを読む

  • 世界を注目させたイメージ戦略~患者を引き寄せるホームページの作り方~

    2018.07.04

    大賀典雄に学ぶ経営論~「自院のメインコンテンツ」を生かすクリニック運営~

    ソニー“第3の男”として社長や初代最高責任者を歴任した大賀典雄氏。バリトン歌手活動後の1959年にソニーに入社。製造部部長、広告部長やデザイン室長を兼任し「SONY」デザインロゴの刷新やCBS・ソニーレコードの設……

    続きを読む

  • 一般常識と真逆の方針を打ち出しながら増収を続ける株式会社武蔵野の経営理論とは?

    2018.06.27

    小山昇に学ぶ経営論

    クリニック経営において、経営学は参考になりますが、実践で役立つとは限りません。あくまでも実務におけるノウハウを集約させた経営論を参考にすることで、現状抱える課題の解決策なども見出すことが可能となりま……

    続きを読む