LEISURE

有名人が通う場所で思い出に残る時間を作る

観劇というおもてなし

2016.03.25

【観劇というおもてなし】役者が通う店で舌鼓

先日2回にわたり、観劇をして劇場を楽しむ「おもてなし」をご紹介しましたが、舞台が始まる前や見終わった後、役者が通う店を訪れるのもお客様をおもてなしするにはもってこいです。

<関東編>
銀座の「はち巻岡田」は大正5年創業の和食の店。歌舞伎役者だけでなく、文壇や財界の有名人も訪れています。メニューは一品料理もありますが、季節に合わせたコースも用意されています。その内容は、初代から続く鶏肉とねぎのお吸い物「岡田茶わん」や粟麩田楽に加えて、刺身や季節の焼き物、刺身などに旬の料理がついています。季節のコース料理は12,000円から15,000円。東京メトロ銀座線・銀座駅から徒歩2分のところにあります。

また、同じく銀座にある「銀座牛庵」は、その名の通り、牛肉のステーキやすき焼き、しゃぶしゃぶの店。肉は主に神戸牛を使っています。都心にありながら店内は古民家風で、おいしい料理と同時にくつろいだ雰囲気も味わえます。ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶそれぞれにコースがあり、値段は4,700円から15,000円まで。お土産の和風ハンバーグも人気です。

<関西編>
大阪は「浪速の台所」とも呼ばれる黒門市場にある、「六覺燈(ろっかくてい)」はいかがでしょうか。創業25年、オリジナル串カツとワインのお店です。串カツは当日の旬の食材をおまかせで出してくれるそう。桜エビを衣にした餅や古代の中に長ねぎを詰めたものなど、見たこともない串カツが食べられるのがお楽しみ。値段はコースで7,000円ぐらいから。人気のお店なので、予約は必須です。

そして京都に足をのばすなら、歌舞伎や狂言の舞台人に愛されている「かぼちゃのたね」がお勧めです。祇園のど真ん中にあり、うなぎ料理と今日のおばんざいでもてなしてくれるこの店は、会席料理や季節の一品料理などを用意しています。また、お土産用のうなぎ茶漬けもあるので、またこの味を思い出してもらえるよう、ご家族用にとお渡ししてもよいかもしれません。

観劇と合わせて、こうした店にお連れすると話も弾み、もてなされた人の思い出に残る時間を作ることができそうです。ぜひ、お客様をお連れして、足を運んでみてはいかがでしょう?

■はち巻岡田
http://www.hachimaki-okada.com/

■銀座牛庵
http://ginza-gyuan.jp/shopinfo/

■かぼちゃのたね
http://www.kabotane.jp/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部