開業医のミカタ

「2シーターのクルマ」の購入費は経費として認められるのか?

「2シーターのクルマ」の購入費は経費として認められる?

2015.07.29

2シーターの車の購入費は経費として認められる?

2シーターのクルマ」の購入費は経費として認められる?

今年に入って新車を購入し、税理士の先生に経費として上げてもらうようお願いしました。ところが『これは駄目。2台目になるから半分しか認められません』と却下されてしまいました。

知り合いの先生は自分のベンツも奥さんのヴェルファイアも娘さんのプリウスも3台とも認められているのに、なぜ私のところだけ駄目なのでしょう?ちなみに車はフェアレディZ/702万円です。

先生5

■相談者プロフィール
歯科開業医K先生(38歳)
開業5年目/売上7500万円
奥様:35歳
長男:5歳
長女:2歳
Answer

「2シーターのクルマ」の購入費は経費として認められる?

■車両の事業用資産は、どのように決まる?

クルマは基本的に事業用として使っている分は認められます。私の知る限り、購入金額そのまま、すべての所有台数分を申告されている医院がほとんど。ですが、中には今回のご相談のようなケースもあります。

クルマはプライベートと仕事で併用している部分が曖昧で、いわゆるグレーゾーンというのがあります。

ご質問の中にあった「半分しか認められない」というのは意味不明ですが、実際に聞いたことがあるのは、「外車だから半分しか認められない」という話です。まぁ、これもよくわからない理由ですよね。

また、自宅兼診療所のクルマでも全額OKが大多数。ですが、「通勤しないから特別に10分の1だけ認めてやる!」という決算書も拝見したことがあります。実際のところ車両の事業用の資産とはどのように決まるのでしょうか?

クルマの経費計上は、使用頻度によって変わります。週単位での使用頻度の考え方が一般的で、休診日が2日の医院であれば、一週間のうち5日使ったことになります。

すると計上できるのは約70%。1,000万円の購入価格であれば700万円。新車であれば耐用年数が6年(軽自動車は4年)ですから、『700万円÷6年間≒117万円』となり、毎年117万円を6回に分けて、減価償却を計上するのが基本です。

しかし事業で使うという大義名分があれば、あっさりとすべて認められるケースもあります。

『休診日に歯科医師会の会合やスタディグループの勉強会に出席している』『訪問診療先を開拓するための営業活動をしている』など、診療日以外でも事業で使う大義名分が立てば問題はなさそうです。週のうち「5日で70%」が、「6日で85%」、「7日で100%」となる可能性だってあるのです。

Kさんの場合、税理士さんがどのような見解で半分にしたかわかりません。大事なことは、御自身が半分になった理由を、納得できるまで聞くということです。そのとき税理士の先生から曖昧な返答があり、ツッコミどころがあれば、活路が見いだせるかもしれません。

さらに今年はまだ約半年あります。だから大義名分が作れる愛車フェアレディZの利用方法があれば、さらなる経費計上を勝ち取れるかもしれません。

■国産車ならOKで、外車はダメなの?

顧問弁護士さんから、『高級外車(特にスポーツタイプ)はダメです』と、資産計上を却下されるケースもよくご相談を受けます。しかしこんな事例もあるんです。

平成7年にフェラーリが事業用車両として認められた最高裁判決事例があります。税務調査で一回否認され、法人税と源泉徴収税に二重で課税されました。しかし、減価償却費(2,700万円)に対して不服申し立てを行い、それを税務署に認めさせたのです。

この時の大きなポイントは、「そのクルマが事業の用に供しているかどうか」でした。ここでは2シーターかリアシートもあるかは関係なく、このクルマは通勤・業務用として認められ、中古になっても価値があり、資産計上してもおかしくないという判決が出たのです。

税務署と争ってまで認めてもらったほうがいいのか…ということは別として、そもそもフェラーリは半分でカローラだったらOKというのは税理士さんのさじ加減だけ。実際は税務調査に入られるのが面倒くさいだけのような気もしてしまいますね…。

みなさまの顧問税理士さんは、税務署と開業医、どちらのミカタでしょうか?

【Plus One Advice】知ってて得する!恒吉のプラスワンアドバイス

資産計上の分岐点を決める3つのポイント

①クルマを複数所有している周りの先生の地元の事例を知っていること!
②仕事(事業)で使う理由をつけて、一度お願いしてみること!
③税理士さんを恐れず、味方につけること!

クルマは大きな資産計上ですから節税額が大きく変わります!心当たりのある方はあきらめずに、ぜひチャレンジしてみてください!
「2シーターのクルマ」の購入費は経費として認められる?
開業医のミカタでは、いまさら聞けないけど知っておきたいなどのご質問も受付けております。次回もおたのしみに!

「他にも読まれている人気記事がこちら」

■プロフィール
恒吉雅顕(つねよしまさあき)
1972年福岡県生まれ
様々な業種を経験後、2006年/株式会社インベストメントパートナーズ設立メンバーとして参画
2014年/公益法人日本医業経営コンサルタント協会コンサルタント認定登録

開業医に関わる様々な問題解決を経営面、ライフプランから独自の視点でコンサルティングし、現在迄約500人の実践的資産形成の設計を行う。

Answer

開業医の皆さまのお悩みを解決します
お気軽にご相談ください

無料相談受付中開業医のための資産形成術
資産形成実践プロジェクト動画開業医のための資産形成セミナー

イラスト:かたおかともこ