LEISURE

2018年はハッセルブラッドX1Dで写真を趣味に

pickup12

2018.01.19

手にする喜びを感じられるカメラが登場!

日々のお仕事に忙しくされているみなさまにとって、仕事や家族が趣味という方も多いかもしれません。

例えばリタイア後などに自由な時間が増えた時、何か没頭できる趣味をお持ちであれば、より有意義で、より豊な時を過ごすことができそうですよね。

今回は、リタイアしたら始めてみたいといわれる方も多いカメラについてご紹介します。

趣味の中でも、特に心を豊かにしてくれるのが写真です。芸術的な感性を刺激してくれ、旅行や日常のひとコマを記録できる写真は、ご自身の趣味としてだけでなく、家族の思い出作りにも役立ちます。

また、カメラには所有・収集するという楽しみもあります。クラシカルなデザインのカメラや、最先端のメカニカルなカメラなど、あなたの所有欲を刺激するカメラがきっと見つかることでしょう。

そこで、オススメしたいカメラがハッセルブラッド社のX1D(X1D-50c)です。北欧スカンジナビア半島のスウェーデンでハンドメイドされるデジタルミラーレス一眼レフカメラで、その高級感あふれるスタイルには所有する喜びを感じることができるに違いありません。

このX1Dの大きな特徴は、世界で初めてミラーレスカメラに中判フォーマットの撮像センサーを搭載したことです。

フルサイズのデジタル一眼レフよりも大きい32.9×43.8mmの大型センサーは、画素数5000万画素を誇り、撮影した画像は非常に精細で高い色再現性を実現しています。

それでいて、ボディの大きさが幅150×高さ98×奥行71mm、重さが725g(ボディ+バッテリー)と、フルサイズのデジタル一眼レフに比べて軽量コンパクトとなっています。

これなら、ちょっとした旅行の際にも邪魔にならないため、バッグに詰めて出かけたい気分になるに違いありません。

また、ボタンやダイヤル類を必要最小限に留めているため、撮影の際に戸惑ったり、煩わしさを感じたりすることもないでしょう。

撮影した画像を確認するための液晶モニターは3インチと大きく、しかもタッチパネル式を採用しているので、直感的に操作できるので撮りたい瞬間を逃さないのが大きな特徴となっています。

撮影感度はISO100~25600と広く、しかも大型撮像センサーのため高感度撮影でも高画質を得られます。

夜の屋内や少し暗いシーンでも安心して撮影できるのが強みです。

対応する交換レンズは4本発売されており、XCD F3.5 30mm(35mm判換算24mm相当)が475,200円、XCD F3.5 45mm(同35mm相当)が297,000円、XCD F3.2 90mm(同71mm相当)が356,400円、XCD F3.5 120mm Macro(同96mm相当)が513,000円(すべて税込)となっています。

さらに、マウントアダプターを利用すれば、従来のハッセルブラッドHC/HCDレンズ群もすべて利用できます。

X1Dのレンズなしボディ価格は1,111,000円(税込)となっています。新たにカメラを始めるなら、手軽に持っていけるミラーレス一眼のハッセルブラッドX1Dはいかがでしょうか? 旅が楽しくなること間違いなしです!

■ハッセルブラッドX1D公式サイト
https://www.hasselblad.com/ja-jp/x1d/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部