LEISURE

AIの普及により、私たちの生活はより豊かに

ノールックAI家電

2017.04.21

今年注目の「ノールックAI家電」って、なに?

時代の流れを紐解く専門誌「日経トレンディ」が、2017年のヒット予測第1位に挙げている「ノールックAI家電」を、みなさまご存知でしょうか?

あまり聞き慣れない言葉だとは思いますが、実はすでに私たちの生活の中に入ってきています。例えば、Apple社のiPhoneやiPadなどに搭載されている「Siri」。「2015年に沖縄で撮った写真を見つけて」「表参道のカフェに行きたい」など、「Siri」に話しかけるだけで、メッセージの送信や、電話の発信、レストランの検索など、いろいろな用事を「Siri」が手伝ってくれます。こちらが画面に触れなくとも、AIが処理を行ってくれるというものです。

このように、話しかけることにより自動で稼働する家電のことを「ノールックAI家電」と呼び、実現すればハンズフリーな生活も夢ではありません。

しかし、そんな映画のようなことが本当に実現できるのでしょうか。ドラえもんのように助けてくれるロボットが、現実世界に現れるのでしょうか。そんな想像をリアルなものにするために、日々、様々なAIロボットの研究が進んでいます。

例えば、シャープの「ホームアシスタント」は、2017年上半期に発売予定のロボットです。話しかけることでエアコンを入れたり、テレビを操作したり、家電を稼働させてくれます。さらに学習機能が搭載されているので、コミュニケーションをとることによりユーザーに合ったニーズを学習し、より快適な生活環境を提供してくれるのです。

そんな技術をより生活に密着させたものが、シャープの「ともだち家電の冷蔵庫」

「せっかく買った食品なのに、知らない間に消費期限が過ぎていた…」なんて経験はありませんか? こちらの冷蔵庫は、食品を出し入れする際に「牛乳入れるね」などと話しかけることで、AIがそれを記憶してくれます。いつ、何を入れたかを冷蔵庫が覚えて、期限がくる前に知らせてくれるのです。それだけでなく、買い物に行く前に「何を買えばいい?」と話しかければ、冷蔵庫に保管されているものを教えてくれるので、重ね買いを防ぐこともでき、使いたい食品名をつぶやくと、おすすめのメニューもお知らせしてくれます。まさに、気の利く友達のような冷蔵庫なのです。

現在、発売を開始しているものはまだまだ少ないですが、「ノールックAI家電」に私たちの生活が助けられる日も近いかもしれませんね。

■ 友だち家電の冷蔵庫
http://www.sharp.co.jp/tomodachi/products/reizo/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部