LEISURE

レゴの世界観を家族みんなで楽しめるテーマパーク

レゴランド

2017.03.17

日本初上陸の「レゴランド・ジャパン」に迫る!

毎年、全国各地で新しい商業施設やショップが登場し話題になっていますが、今年は名古屋に大型テーマパークがオープンします。今回は、そのテーマパーク「レゴランド・ジャパン」を紹介します。

「レゴランド・ジャパン」は、現在、世界6か国で展開されているテーマパーク。プラスチックのパーツを組み合わせて、建物や乗り物などを作るおもちゃ、レゴブロックの世界観を楽しむことができます。そんな人気のテーマパークが、世界7カ国8カ所目として、名古屋にいよいよオープンします!

パーク内は、ファクトリー(Factory)、ナイト・キングダム(Knight’s Kingdom)、アドベンチャー(Adventure)、パイレーツ・ショア(Pirate Shore)、レゴ・シティ(LEGO City)、ミニランド(Miniland)、ブリックトピア(Bricktopia)という7つのエリアに分かれており、アトラクションは40以上用意されています。

例えば、レゴブロックを使って想像力を自由に発揮できるエリア「ブリックトピア」では、実際にブロックで遊べ、ワークショップへの参加も可能。また、「ブリック・パーティ」というメリーゴーランド、パペットとプロジェクションマッピングが融合したライブショー「レゴニンジャゴー・ライブ」などを楽しむことができます。

また、ショップやレストランも充実。ショップはエリアごとのテーマに合わせたグッズや、パーク限定品も扱っていて、見ているだけでワクワクすること間違いなしです。

そしてお腹が空いたら、ホットドッグやスナック、ドリンクのスタンドに立ち寄るのもよし、和食や洋食、専用窯で焼いたピザやパスタなどが食べられる本格的なレストランでゆっくり過ごすもよし。アレルギーフリーのメニューを用意しているお店もあるので、安心です。

チケットは、年間パスポートと1DAYパスポートの2種類。年間パスポートは12歳以下が13,300円、大人は17,300円で、1DAYパスポートは大人6,900円、子供5,300円ですので、何度も行きたい! という方には、年間パスポートの方がリーズナブルでしょう。ただし、有効期間は入場日にかかわらず、今年4月1日から2018年3月30日までとなっています。どちらも「レゴランド・ジャパン」の公式サイトか、セブン・イレブンで購入できます。

「レゴランド・ジャパン」のオープンは4月1日(土)ともうすぐです。リアルに再現された、レゴの世界を楽しんでみませんか?

■ レゴランド・ジャパン
www.legoland.jp

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部