LEISURE

リラックスできる着心地のいいスーツ

スーツ

2017.03.04

フォーマルファッションを楽しむ

皆さんの中には、仕事の時も普段着の上に白衣を着たり、制服がポロシャツだったりと比較的カジュアルなスタイルをされている方もいらっしゃると思います。学会やパーティーのようなフォーマルな場面ではスーツが基本ですが、普段着慣れていない分窮屈で、ストレスを感じてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最近では、海外ブランドでもストレッチ性のある生地を使うなど、着心地に重点を置きつつも、きれいに見せてくれるスーツが出ています。

例えば、ポール・スミスでは、「A SUIT TO TRAVEL IN」と名づけられたトラベルスーツコレクションを展開。ウール100%の強撚糸を使っていることから通気性がよく、さらに伸縮性や撥水機能を兼ね備えています。また、シワになっても回復力がすぐれているので、長時間座っているような場合でも立ち上がった時に後ろを気にする必要がありません。

デザインはトラディショナルなシングルタイプ。肩パットを省いた軽量仕立てでフィット感もあるため、着心地も抜群です。フォーマルなシーンにはもちろん、インナーやシューズを変えればカジュアルにも対応できるスーツです。

また、ジョルジオ・アルマーニのスーツは無駄なものを一切取り払い、しなやかで柔らかく、身体の動きや体型に寄り添う素材を使っているのが特徴。ウエストを絞ったタイトなジャケットもありますが、「WALL STREETシリーズ」はゆったりしたフィット感のあるモデルです。とはいえ、シルエットは美しく、きちんとした印象の中に洒落た雰囲気も感じさせてくれます。「WALL STREETシリーズ」のスーツは50万円前後ですが、いいものをさりげなく着る、というのも大人だからこそできるオシャレでしょう。

スーツは見た目をグッと引き上げてくれますが、より印象を良くするには身のこなしにも注意したいもの。せっかくの機会ですから、背筋を伸ばし、スーツ姿をもっときれいに見せるよう、自己演出してみることで、よりそのフォーマルな場を楽しめるのではないでしょうか。

■ Paul Smith Shop Online
www.paulsmith.co.jp

■ Armani.com
www.armani.com/jp

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部