LEISURE

来年のカンヌ映画祭は旅の思い出と共に

カンヌ

2016.07.15

地中海の街・カンヌの夏を味わう

企業の多くは約1か月後の8月中旬が夏休みですが、医院でも同じぐらいの時期に夏季休暇を予定しているところが多いのではないかと思います。せっかくの連休、普段ならできないことをしてみたいですよね。例えば映画を観るのが趣味、という方は、カンヌ映画祭が開かれる高級リゾート地・カンヌへの旅はいかがでしょうか?

カンヌはフランスの南・コートダジュール地方にあり、中心都市のニースから電車で30分程度。映画祭以外の時期は比較的静かな高級リゾート地です。カンヌ映画祭をテレビで観ていると、大きな街のようにも感じますが、実は徒歩でも回れるほど小ぢんまりとした観光地です。

見どころは、まず高級ブティックや5つ星ホテルが並ぶ海沿いの通り、ラ・クロワゼット。ラ・クロワゼットのホテルはすべてプライベートビーチを所有しているのだとか。中でもインターコンチネンタル・カールトン・ホテルは、映画祭期間中、セレブたちの定宿になっているそうです。そして、カンヌ映画祭のメイン会場であるパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレもラ・クロワゼットにあります。建物の前には、400人以上の監督や俳優たちの手形が埋められていて、ここで記念写真を撮る人が絶えません。

一方、地元の人たちがよく利用するのがアンティーブ。旧市街地のこのエリアには、昔ながらのショップや朝市があります。ぜひ訪れたいのは、早朝から大勢の人で賑わう朝市。手作りジャムやハーブ、野菜などを販売しており、日本では見ることのできない品物に出会えるかもしれません。そんな生活感あふれるアンティーブですが、地中海を一望できる場所には、ピカソ美術館が。ピカソの作品のほか、彼が実際に絵を描いていたアトリエだった部屋も見られる、貴重な場所です。

なお、カンヌではプチトレインツアーを運行しており、ここまで紹介してきた場所の中にはコースに入っているところもあります。「歴史コース」「クロワゼットコース」、そしてこの両方を合わせた、約1時間の「ビッグコース」の3つが街を走っています。旅行初日はプチトレインで一通り街を眺め、その後、気になった場所にもう一度行ってみるのもいいでしょう。

セレブ気分と普段あまり見ることのない地元の人たちの生活、両方に触れられるカンヌの旅。地中海の夏を満喫できること間違いなしです。

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部