LEISURE

加賀藩を描いた映画やドラマの舞台

金沢 兼六園

2016.02.05

【ロケ地を巡る旅】グランクラスで伝統あふれる金沢へ

旅にもいろいろありますが、例えば映画やドラマのロケ地になった土地を巡る旅はいかがでしょう? 今回はNHK大河ドラマ『利家とまつ』、映画『武士の家計簿』、『武士の献立』といった歴史ものや、『浅見光彦シリーズ』などに登場する、石川県金沢市の旅をご紹介します。

まず見ておきたいのが金沢城。加賀藩の御算用者を堺雅人が演じた『武士の家計簿』では、たびたびこの城が登場します。城は1999年から復元工事が行われ、現在のようになっていますが、その周囲に作られた石垣は、場所によって様式を使い分け、全国に類を見ないほど多種多様の工法が使われています。以前『ブラタモリ』(NHK)でも取り上げられていましたが、その工夫された石垣をぜひ自分の目で確かめてみませんか?

そして金沢城に行くなら、『浅見光彦シリーズ』や『利家とまつ』にも登場した兼六園を忘れるわけにはいきません。この時期は樹木を雪害から守るため、「雪吊り」が行われています。昼間の姿もいいですが、1/29~31、2/5~14のいずれも17:30から21:00まで行われるライトアップも必見です。

また、金沢は加賀料理も魅力。加賀藩主に「包丁侍」、つまり料理人として仕えた実在の侍、舟木安信とその妻、春を描いた『武家の献立』には、素材を吟味し、贅をつくした料理が登場します。中でも代表的なのが、「鯛の唐蒸し」と「治部煮」です。どちらも映画に出てきますが、「鯛の唐蒸し」は背開きにした鯛に具入りのおからを詰めて蒸したもの。また、「治部煮」は具材に鴨肉と野菜、そして生地をすだれに包んでゆでた金沢独特の麩・すだれ麩を使い、だしのうまみと食材のおいしさが調和した料理です。

そんな金沢への足には、北陸新幹線のグランクラスがおすすめです。新幹線のファーストクラスと言われるグランクラスは定員18人でゆったり過ごすことができます。座席は包まれるような心地よさで、最大45度まで倒せるほか、軽食やアルコール類を含む飲み物のフリーサービスをいつでも受けることができ、スリッパやアイマスク、ブランケットも用意されています。

金箔などの伝統工芸や、加賀料理を始めとする独特の食文化にも触れることのできる金沢。今年はまず、華やかな旅へと出かけてみませんか?

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部