LEISURE

ドゥカティの新作やハーレーの2016年モデルがカッコいい!

ハーレー

2015.10.09

リターンライダーを魅了する美バイク

中高年を中心に大型バイクの人気が復活していると言われるようになり、数年が経ちました。若い頃バイクに親しみ、働き盛りで子育てに忙しい時期は趣味は封印。年齢を重ね、子どもも手を離れたことで、再びバイクに戻ってきた人たち…いわゆるリターンライダーが、その中心的な存在です。

それを知ってか、バイクメーカーも最先端技術を投入しつつ、ノスタルジックな雰囲気のモデルを投入しています。イタリアの名門ドゥカティが今年投入した「スクランブラー」もそんなモデル。1962年に誕生し、アメリカとヨーロッパで一世を風靡しながらも、1975年に生産中止に。それが40年の時を経て、復活したわけです。

ドゥカティといえばスーパースポーツのイメージが強いですが、この「スクランブラー」はオフロード・スタイル。元々はアメリカの砂漠で行われていた“スクランブルレース”に出場するために開発された名残をしっかり受け継いでいます。

ティアドロップ型の燃料タンク、シート下のモールなど随所にオリジナルモデルを連想させるスタイルを踏襲。しかし計器類はデジタル、リアランプはLEDとするなど、しっかりと現在進行形のモデルであることを主張しています。

一方、リターンライダーたちに根強い人気を誇るハーレーダビッドソン(以下、ハーレー)は、去る9月16日に2016年モデルを発表しました。

ハーレーといえども、様々なモデルがありますが、今回の注目は「Forty-Eight(R)」。デザインが完全に一新され、ファットなフロントエンド、新しいキャストアルミホイールを採用し、これまで以上にローダウンしたスタイルとなりました。

初代モデル誕生以来、ハーレーの中でもスポーティなモデルとして知られる「Froty-Eight」。最新モデルでは、基本的なスペックを正常進化させながら、シートやサスペンションを改良することで乗り心地が改善されました。またサスペンションとブレーキという足回りをブラッシュアップすることで、パフォーマンスも飛躍的に向上。ロングツーリングからスポーツライドまでを柔軟にこなすモデルとなりました。

またハーレーはこのほかにも「ストリート750」」や「Iron 883」を始め、ラインナップのほとんどに2016年モデルを用意。ライディングスタイルに合わせて選べることも大きな魅力です。

気になる価格は、ドゥカティ「スクランブラー」は、¥999,500〜。ハーレー「Froty-Eight」は¥1,500,000〜となっています。

ハーレー
ドゥカティ「スクランブラー」

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部