LEISURE

歯科医の休日には、粋でスポーティなオープンカーが似合う!?

オープンカー

2015.05.08

セカンドカーにオープンカーはいかが?

歯科医師の乗るクルマというと、どんなクルマをイメージするでしょう? やはりメルセデスやBMW、ボルボやレクサスといった、国内外の高級車ブランドではないでしょうか。もちろん、学会などオフィシャルな場にクルマで出かけることも多い歯科医師の方々ですから、高級感があって、しかも安全性にも優れる、それらの高級ブランドを愛車として選択するのもわかります。しかし、ときにはもっと自由にクルマを楽しむ機会があってもよいのではないでしょうか? この春から初夏にかけて、ホンダとマツダから魅力的なオープンカーがリリースされます。

1台はすでに発売されている「ホンダS660」。かつての名車「S600」や「S800」を現代に蘇らせたオープン2シーターです。今年から世界最高峰の自動車レース、F1にエンジンサプライヤーとして復活したホンダが、そのノウハウを軽自動車に詰め込みました。エンジンは新開発のターボエンジン。これをミッドシップにレイアウトし、優れた運動性能を実現しています。走る、曲がる、止まる、そして操る…すべてが痛快な、まさにホンダらしい、スポーツカーといえます。

グレードは2種類。ピュアに走る歓びを堪能できる「β」は198万円。素材や仕立てにこだわったハイグレードモデル「α」は218万円。軽自動車としては、高価なモデルですが、それを補って余りある魅力が詰まっています。

一方、6月のリリースが予定されているのが、「マツダ ロードスター」です。1989年に初代が誕生して以来、日本はもちろん、ヨーロッパやアメリカの自動車マーケットにも大きな影響を及ぼしてきたロードスター。その4代目となるフルモデルチェンジです。

こちらは初代から続く、正統派オープン2シーターの流れを汲むデザイン。エンジンはフロントにレイアウトし、後輪を駆動させるFRレイアウトです。マツダがこだわっているのはスポーツカーとしての絶対性能ではなく、誰もが夢中になれるドライビング体験をもたらすこと。そのためにエンジン・フィール、ハンドリングを徹底的にチューンナップ。歴代モデルの中で最も軽量化された車体を持つことも、スポーティなドライブをもたらす武器となっています。またドアの高さを、ちょうど肘がかかる高さにするなど、クルージング・モードで走行するときの爽快さにもこだわっているようです。

すでに予約が始まっているロードスターのグレードは3種類。ベーシックモデルである「S」は249万4800円。上質な仕様にこだわった「スペシャルパッケージ」は270万円。そして内装に本革をおごった「レザーパッケージ」が303万4800円。

ホンダが満を持してリリースした「ホンダS660」。マツダが25年の歳月とともに熟成させてきた「マツダ ロードスター」。いずれを選択するにしても、ヨーロッパの高級ブランドがリリースするセダンとは、ひと味もふた味も違う歓びをドライバーにもたらしてくれるはず。セカンドカーに、いかがでしょう

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部