LEISURE

“相撲”ではなく、“SUMOE” これぞ贅を尽くした観戦法

sumou001_mini

2015.01.09

プレミアムに相撲を楽しむ

横綱白鳳関の活躍や、若手注目株の逸ノ城など、最近なにかと話題を集める大相撲。でもその観戦法といえば、テレビでよくみるように枡席に座って、お弁当を食べて…というイメージかと思います。でも、そんな定番スタイルを覆す、スタイリッシュな相撲観戦法があるのをご存知でしょうか?

仕掛人は、第65代横綱で、現日本相撲協会理事の貴乃花親方。「極上・贅沢・至福」をキーワードとした大相撲プレミアムシート「SUMOE CLUB」がそれです。

これは1日先着20名様限定の特別企画。特注のシートでゆったりと相撲観戦を楽しんだあと、有名レストランでのディナーや屋形船での会食など、贅を尽くしたプランがパッケージされているのです。

まず座席ですが、通常は4人がけの枡席をふたりで使用します。そこに用意されているのは日本を代表する椅子デザイナー寺原芳彦氏が手がけた作品。そして相撲観戦中はコンシェルジュが常に待機。お客様の要望に可能な限り対応してくれます。さらにワイン、日本酒、ビール、ソフトドリンクがフリードリンクなうえ、特撰フィンガーフードまでがサービスされるのです。

観戦終了後は、帝国ホテルのフレンチレストランや屋形船などで、旬の素材を活かした絶品料理を楽しむことができます。しかもその席には貴乃花親方が同席するのです。

そしてすべてのイベント終了後には、貴乃花親方の直筆サイン色紙プレゼントまで。これだけの贅を尽くした相撲観戦プラン。気になるお値段は大相撲観戦+お食事で一名35万円(税別)。カップルなら54万円(税別)となっています。

▼SUMOE CLUB
http://www.sumoe.club/

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部