LEISURE

マライアほか、秋もビッグアーティストが続々来日!

今年の秋は世界を感動させる美声に酔ってみては?

2014.09.05

音楽で「芸術の秋」を堪能

9月に入り、すっかり秋めいてきました。

秋といえば、「スポーツの秋」「読書の秋」「食欲の秋」「行楽の秋」と、さまざまなテーマが思い浮かびますが、今回は「芸術の秋」、そのなかでも音楽をクローズアップしたいと思います。紹介するのは、久しぶりに日本での公演を行う、3組のアーティストです。

まず紹介したいのは、マライア・キャリー。

今年6月に6年ぶりとなる新作アルバム「ミー。アイ・アム・マライア」を発売した、マライア。今回はそのアルバム発売を受けたワールドツアーの最初の公演として来日します。日本公演は2006年以来で通算6度目。

10月4日の幕張メッセ公演は、文字通り、ワールドツアー初日となるので、世界が注目するステージとなりそうです。

続いて紹介するのが、サラ・ブライトマン。

今年3月には映画「神様のカルテ2」主題歌や大ヒット曲「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を収録した究極のベスト「感動のヴォーチェ〜サラ・ブライトマン・ビューティフル・ソングス」を発表。

今回の来日公演はオーケストラとともに、札幌、仙台、東京、横浜、大阪、名古屋、広島と6つの会場でコンサートを展開します。1991年の初来日以来、これまで何度も日本公演を成功させてきたブライトマン。今回も世界でもっとも美しいと言われるボーカルを存分に楽しむことができそうです。

そして最後に紹介するのは、男性ボーカリストで、1960年代を代表するフォーク・デュオ「サイモン&ガーファンクル」のアート・ガーファンクルです。

ソロで5度、サイモン&ガーファンクルで3度の来日公演を行っているガーファンクル。今回も「明日に架ける橋」をはじめ、エヴァーグリーンの輝きを放つ名曲の数々を披露してくれることでしょう。

東京、金沢、名古屋、大阪、広島での公演が予定されています。

いずれ劣らぬ名ボーカリスト3人。サラ・ブライトマンやアート・ガーファンクルでしっとりと秋を思うもよし、いまもパワフルなマライア・キャリーのボーカルに酔うもよし。「芸術の秋」を楽しむきっかけとしても、オススメです。

【公演予定】
●マライア・キャリー
・10月4日(土) 千葉・幕張メッセ
・10月6日(月) 神奈川・横浜アリーナ

●サラ・ブライトマン
・11月29日(土) 北海道・北海きたえーる
・12月1日(月)、8日(月)、11日(木)、12日(金) 東京・東京国際フォーラム
・12月9日(火) 神奈川・パシフィコ横浜
・12月2日(火) 大阪・大阪城ホール
・12月4日(木) 広島・広島サンプラザホール
・12月5日(金) 愛知・愛知県体育館
・12月7日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

●アート・ガーファンクル
・12月4日(木) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
・12月5日(金) 大阪・あましんアルカイックホール
・12月7日(日) 広島・アステールプラザ 大ホール
・12月8日(月) 石川・金沢市文化ホール
・12月10日(水)、11日(木) 東京・渋谷公会堂

執筆者:DR’S WEALTH MEDIA編集部